体への効能について

その名のごとく、オレンジの甘酸っぱいみずみずしい香りが特徴で、多くの人から親しまれている精油の一つです。

 

また、香りや成分が穏やかなので、お子様にも安心して使える精油でもあります。

 
その効用は幅広く、心への作用としては、リフレッシュやリラックス効果があげられます。不安や緊張から解き放ち、気分を前向きにしてくれます。

 

また、心を穏やかにし、安眠にも導きます。

 
体への作用としては、胃腸の調子を整え、下痢や便秘、胃痛など胃腸のトラブル全般に効果があります。

 

胃腸のトラブルだけでなく、食欲増進作用もあるので、食欲不振にはもってこいの精油です。そのため、ダイエット中の使用は控えたほうがいいでしょう。

 
また、肌への作用としては、発汗作用により、血行を促進し、老葉物を排出、肌の状態を整える働きがあります。また、セルライト解消にも効果があります。

 
おすすめの利用法は、アロマバスです。バスタブに数滴垂らして、よくかき混ぜてから入浴する方法です。お湯に浸かることで肌から直接成分を取り入れると同時に、鼻から香りを吸収、それに呼吸によって成分の入った蒸気を肺に吸入するので、効率良く成分を取り入れることができます。
なお、光毒性があるので、皮膚に直接使用した後、最低でも12時間の外出は避けましょう。”