カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ダイエット中の場合の注意点

柑橘系の爽やかな香りが特徴で、アロマ初心者でも使いやすいものの一つです。

 
その香りには、緊張感をほぐし、心を落ち着かせるリラックス作用があります。この香りを嗅いだパニック障害の患者さんの症状が緩和されたというエピソードもあるくらいです。

 

そのため、アロマバスや就寝前の寝室でのアロマランプでの使用で、質の良い睡眠をとることができます。

 
また、胃腸の調子を整える作用もあり、下痢や便秘など胃腸トラブル全般に利用できます。

 

また、食欲増進作用もあるので、食欲のないときに利用するのもお勧めです。

 

リラックス効果は期待できますが、このように食欲増進作用もあるので、ダイエット中の方の利用は避けた方が無難です。

 
このアロマオイルは、作用が穏やかなので子供にも使用できます。

 

オレンジには抗ウィルス、抗菌作用があるので、冬場など風邪の流行る時期には、ディフューザーを使用しアロマを部屋に拡散させることで、風邪の予防にもなります。

 
また、発汗作用から血行を促進、老廃物を排出し、肌の調子を整える作用や、セルライトの解消、にきびなど肌トラブルにも効果があります。

 
このように様々な効果がありますが、このオイルにも柑橘系のオイルによくある光毒性があります。そのため、お出かけ前の肌への使用は避けましょう。

お肌への効果効能について

お肌への効果としては、発汗作用がありますので血行のよくない肌を改善したり、セルライト解消の効果などを期待することができます。

 

発汗作用によって血行を促し、老廃物の排出をスムーズにすることができます。

 

それにより、肌の状態を整える効果についても期待することかできます。

 

にきびやくすみなどのトラブル解消の効果も期待することができます。

 

肌に刺激がありますので、使用量や使用方法については充分な注意が必要です。肌に直接つける場合には原液のままでの使用は避け、キャリアオイルなどで希釈して利用されるとよいです。

 

光毒性がありますので、使用直後の肌に直射日光を受けるのはよくありません。刺激がありますので、敏感肌の方はパッチテストなどをしてから利用されるとよいです。また妊娠初期の方は利用を控えたほうがよいです

 

。芳香浴だけでなく、入浴剤やヘアケア、ボディケアやスキンケアなどに利用することができます

 

。開封後は酸化のスピードが早いですから、半年を目安に使い切るほうが安心です

 

。肌に直接利用される場合には、開封後の管理には特に注意しましょう

。また、購入される際には、使用量を考えて、安心して使える期間内に使いきれる量を購入されるほうがよいです。

体への効能について

その名のごとく、オレンジの甘酸っぱいみずみずしい香りが特徴で、多くの人から親しまれている精油の一つです。

 

また、香りや成分が穏やかなので、お子様にも安心して使える精油でもあります。

 
その効用は幅広く、心への作用としては、リフレッシュやリラックス効果があげられます。不安や緊張から解き放ち、気分を前向きにしてくれます。

 

また、心を穏やかにし、安眠にも導きます。

 
体への作用としては、胃腸の調子を整え、下痢や便秘、胃痛など胃腸のトラブル全般に効果があります。

 

胃腸のトラブルだけでなく、食欲増進作用もあるので、食欲不振にはもってこいの精油です。そのため、ダイエット中の使用は控えたほうがいいでしょう。

 
また、肌への作用としては、発汗作用により、血行を促進し、老葉物を排出、肌の状態を整える働きがあります。また、セルライト解消にも効果があります。

 
おすすめの利用法は、アロマバスです。バスタブに数滴垂らして、よくかき混ぜてから入浴する方法です。お湯に浸かることで肌から直接成分を取り入れると同時に、鼻から香りを吸収、それに呼吸によって成分の入った蒸気を肺に吸入するので、効率良く成分を取り入れることができます。
なお、光毒性があるので、皮膚に直接使用した後、最低でも12時間の外出は避けましょう。”

心への効能について

その名のごとくオレンジ果実そのままの、みずみずしい甘い香りが特徴の精油です。柑橘系特有のリフレッシュ効果から、心身のリラックス作用もあるため、落ち込んだ気分を前向きにする効果も期待できます。作用が穏やかなことから、お子様にも利用が可能な数少ない精油の一つです。

 
また、胃腸の調子を整える働きがあり、便秘、下痢などに効果があります。食欲増進作用もあるので、ダイエット中の使用は控えたほうがいいでしょう。

 
発汗作用により血行を促進、老廃物を排出して肌のターンオーバーを促し、肌を整える働きもあります。

 

また、ビタミンCの吸収と同化を助けるため、ニキビやくすみなどの肌トラブルに向いています。

 
リフレッシュやリラックスの効果を狙って使用するには、アロマバスがお勧めです。精油を数滴バスタブに垂らして入浴するだけと、その方法も簡単です

 

。香りとして鼻から吸収し、呼吸で口から体へ吸収し、そしてアロマバスに浸かることで、肌からも直接吸収と、効率良く体へ有効成分を取り入れることができます。

 
また、寝室でアロマポットに数滴垂らして使用するのもお勧めです。その爽やかな香りで気分をリフレッシュするとともに、安眠も期待できます。

オレンジ・スイートのアロマオイル購入のポイントとは

甘酸っぱいフルーティーな香りが、男女を問わず人気ですが、購入する時には気をつけたいポイントがあります。それは精油の酸化についてです。

 
特に柑橘系の精油は開封後に劣化しやすいため、封を開けたらなるべく早く使い切ることが大切です。

 
劣化した精油を使用すると、肌に塗った時などに刺激を受ける場合があります。

 

また、発がん性物質を含むようになるという、不安な説もあるので、特に気をつけましょう。

 
劣化しているかどうかを見極めるポイントは「匂い」です。

 
何か匂いが変わったかな?と感じたら、もったいなくても使用を中止しましょう。

 
出来るだけ精油を劣化させないようにするには、日ごろからの保管方法が大切です。

 
直射日光が当たる場所、高温多湿になる場所は避けたほうが良いでしょう。

 
日光が当たらないようなタンスや引き出しなどに保管をしておきましょう。

 

また、精油の瓶をそのまま置くよりも、木箱などにまとめて保管をすれば、管理もしやすく、倒れても精油が他のものについてしまう危険が少なくなります。

 
香りの種類ごとや、名前順に木箱に整理すれば、日ごろ利用する時にお目当ての精油がすぐに見つけられ、大変便利です。

 
いつ封を開けたのかを瓶にメモしておけば、劣化の目安がつけやすくてオススメです。

ブレンドする場合の相性について

アロマオイルは、その香りによって、効能が異なります。

 
お気に入りの香りを楽しむのはもちろん、なりたい気分や体調にあわせて、エッセンシャルオイルを選ぶこともおすすめです。

 
たとえば、すっきりしたいときには、ペパーミント、ローズマリー、タイムなどがおすすめです。

 
また、元気になりたいときには、レモン、グレープフルーツ、ベルガモット、マンダリンなどがおすすめです。

 
リラックスしたいときには、ラベンダー、ジャスミン、カモミール、ローズなどがおすすめです。

 
特に、これらのオイルは、アロマテラピー初心者でも使いやすく、人気の香りとなっています。

 
このように、単品でオイルを楽しむのももちろんいいのですが、実は、ブレンドすることによって、より香りが楽しめたり、効用が期待できたりします。

 
ただ、単純に好きなオイルを混ぜればいいというわけではありません。

 
実は、オイルには、相性というものがあるのです。

 
オイルには、系統があり、まずは、同じ系統の香りを混ぜることから始めてみるといいでしょう。

 
オイルを混ぜることに慣れてきたら、今度は違う系統の香りを混ぜてみましょう。
このとき、相性のよいオイルの系統は、フローラル系と柑橘系、柑橘系とハーブ系です。

 
いろいろ試してみて、自分のお気に入りの香りを見つけてみてくださいね。

おすすめしたい使用方法

アロマオイルは様々な効用があります。
香りや効能については様々ですが、シトラス系のオイルは、オレンジやグレープフルーツなどのいわゆるかんきつ系のスッキリとした誰もが楽しめる香りのするエッセンシャルオイルです。
ボディケアとして、お風呂でエッセンシャルオイルを使用するのがお勧めです。いわゆるアロマバスというものですが、エッセンシャルオイルは温めることでさらに香りを楽しむことができます

 

。使い方は、湯船に3~5滴ほど落として良くかき混ぜた後、ゆっくりとお湯につかります。ほんのりとしたシトラス系の香りは気持ちをリラックスさせる効果があり、ストレス解消やその後の睡眠の質を高くするので睡眠不足の方や、朝起きた時に頭がすっきりしないという方には有効です。
また、エッセンシャルオイルは部屋でオイルポットを利用して使用するのも良い方法です。 オイルポット本体の皿にエッセンシャルオイルを3、4滴たらし、オイルポットを温めます。

 

温める方法は、電気式のタイプもありますし、火で温めるタイプなどもありますが、電気式でライトがつくタイプはほんのりとした香りと明かりを楽しむことができるので、部屋でのベットタイムにお勧めです。

芳香成分について

アロマオイルの中でも、幅広い年齢層に人気があるのが果実の香りがそのまま入っているオレンジの香りです。

 

 

オレンジの果皮から採取される精油は、果実そのままの瑞々しくフレッシュで、甘酸っぱい身近な香りです。
特に、アロマテラピーを始めたばかりの方にはおすすめです。

 

 

柑橘系のオレンジは、スイート種とビター種があって、ビター種の方はやや苦味があるのが特徴です。

 

 

そして、オレンジの果皮にはリモネンが9割以上含まれています。
これは、多くの柑橘類の皮に含まれている成分で、香料や天然物由来の溶剤として利用されているものです。
9割も含まれているこの成分の効能には、リラックス効果のほかに、交感神経を活性化させて血管を広げさせて血流の流れをよくします。

 

 

またダイエットにも効果的ともいわれていて、この成分が交換神経を活性化させることで脂肪を分解する働きがあるといわれています。
他にも、発砲スチロールを溶かす効果がありリサイクルに利用されたり、台所用洗剤などにも使用されています。

 

 

アロマオイルとしては、リラックス効果があるので不安や緊張、ストレスやうつ状態などから解放されて、気分を前向きにする効果があり、安眠を促す作用もあるので、寝る前に香るようにするといいでしょう。