ブレンドする場合の相性について

アロマオイルは、その香りによって、効能が異なります。

 
お気に入りの香りを楽しむのはもちろん、なりたい気分や体調にあわせて、エッセンシャルオイルを選ぶこともおすすめです。

 
たとえば、すっきりしたいときには、ペパーミント、ローズマリー、タイムなどがおすすめです。

 
また、元気になりたいときには、レモン、グレープフルーツ、ベルガモット、マンダリンなどがおすすめです。

 
リラックスしたいときには、ラベンダー、ジャスミン、カモミール、ローズなどがおすすめです。

 
特に、これらのオイルは、アロマテラピー初心者でも使いやすく、人気の香りとなっています。

 
このように、単品でオイルを楽しむのももちろんいいのですが、実は、ブレンドすることによって、より香りが楽しめたり、効用が期待できたりします。

 
ただ、単純に好きなオイルを混ぜればいいというわけではありません。

 
実は、オイルには、相性というものがあるのです。

 
オイルには、系統があり、まずは、同じ系統の香りを混ぜることから始めてみるといいでしょう。

 
オイルを混ぜることに慣れてきたら、今度は違う系統の香りを混ぜてみましょう。
このとき、相性のよいオイルの系統は、フローラル系と柑橘系、柑橘系とハーブ系です。

 
いろいろ試してみて、自分のお気に入りの香りを見つけてみてくださいね。